2010年04月13日

スイセンをニラと間違え、家族4人が食中毒(読売新聞)

 福岡市は8日、同市東区の家族4人(6〜68歳)がニラと間違えてスイセンの葉を食べ、食中毒を起こしたと発表した。

 スイセンは葉や球根などに毒があり、食べると嘔吐や下痢、発汗、頭痛などを発症する。市は注意を呼び掛けている。

 市によると、4人は3月31日、近所の女性からスイセンをもらい、その日の夕食で天ぷらにして食べた。直後に嘔吐(おうと)や腹痛などの症状が出たため、同市博多区の病院を受診した。4人ともすでに全快したという。

 近所の女性宅では、スイセンとニラを庭で一緒に栽培しており、ニラと思い込んでスイセンをあげたという。

 市によると、スイセンによる食中毒は2008年に全国で6件、09年にも2件発生している。

弁当で集団食中毒=業者に営業停止命令−千葉・柏市(時事通信)
飲酒運転違反者講習実施へ=カウンセリングや依存度テストも−警察庁(時事通信)
「玻」は名前に使えず 両親の特別抗告を棄却 最高裁(産経新聞)
直木賞作家・星川清司さん死去 「眠狂四郎」脚本も(産経新聞)
<与謝野・平沼新党>民主、「第三極」を警戒(毎日新聞)
posted by 吉祥寺太郎 at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。