2010年02月08日

<名古屋地域委>投票参加申請者は1割(毎日新聞)

 名古屋市は4日、8地域(学区)でモデル実施する「地域委員会」の委員選挙に参加申請した人の数と立候補の意思を示した人の氏名を公表した。全体の参加申請者は有権者の10.6%にとどまる一方、選挙で選ばれる公募委員への立候補予定者は66人に達し、定数40を上回った。ただ、2地域では立候補予定者が定数と同数となったため、当落は信任投票で決める。

 選挙は、事前に参加を申請した人だけに投票権が与えられる。市によると、受付期間(1月22日〜2月3日)に申請したのは18歳以上の「有権者」計7万1918人のうち7631人。参加率は最も高い豊治学区(中川区)でも20.2%にとどまり、目標の3割には届かなかった。

 河村たかし市長は、選挙への参加申請が1割にとどまったことについて記者団に「日本初の登録制選挙。制度が分かりづらい中でこの数字は驚異的だ」と話した。

 投票は18〜26日で、20〜22日に各地域で立候補者の公開討論会を開く。開票は27日。【岡崎大輔】

「自立への支援必要」=ハイチ救援NPO帰国−成田(時事通信)
小沢幹事長 再聴取受ける 立件なら辞任示唆(毎日新聞)
<出題ミス>関西学院大学の入試「日本史」で 正解が二つ(毎日新聞)
タミフル個人輸入代行業者6人逮捕 大阪府警 (産経新聞)
石川被告らの政治資金規正法違反は「実質犯」 動機は悪質(産経新聞)
posted by 吉祥寺太郎 at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。