2010年01月21日

<ハイチ大地震>日本政府、500万ドルの緊急無償資金協力(毎日新聞)

 日本政府は14日、ハイチ大地震の緊急支援として、ハイチ政府に対し500万ドル(約4億6000万円)の緊急無償資金協力と、テントなど3000万円相当の緊急援助物資を供与することを決めた。また、医療支援チームの派遣を検討するため、同日、外務省、防衛省、国際協力機構(JICA)の職員らによる緊急調査チームを派遣した。

【関連ニュース】
ハイチ大地震:「誰か助けて」被災者野ざらし 飲み水なく
ハイチ大地震:「国が存在しないような状況」代表大使会見
ハイチ大地震:各国が支援急ぐ 米は空母を派遣
米国務長官:豪など歴訪を中止 ハイチ大地震に対応
ハイチ大地震:日本赤十字社スタッフ 被災調査で現地へ

ほかにも子ども2人死亡=信者夫婦逮捕の宗教法人−医療放棄事件・福岡(時事通信)
<内閣法制局長官>政府特別補佐人から外れる(毎日新聞)
室内に練炭…家族3人死亡、中2女子重体 浜松(産経新聞)
通常国会提出を見送りへ=地方議員年金の改革法案(時事通信)
平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補−政府(時事通信)
posted by 吉祥寺太郎 at 07:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

指揮権発動本当にないのか 千葉法相「一般論としてある」(J-CASTニュース)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、検察の捜査が進むなか、千葉景子法務相が「指揮権発動」について口を開いた。2010年1月19日、小沢氏の元秘書で同会の事務担当者だった石川智裕衆院議員らが逮捕されてから初の閣議後会見で法相は、「個別の事件についてコメントはしない」としながらも、「一般論としては指揮権を発動することはある」と発言した。

 一方、同日の衆院本会議で代表質問に立った鳩山由紀夫首相は、自民党の大島理森幹事長が「国会の場で小沢幹事長が事情説明に応じるよう求める」と述べたことに対して、「検察の捜査を冷静に見守ることが必要。国策捜査、指揮権発動は考えていない」と答えた。

 法相が検察の捜査を止めることができる「指揮権の発動」をめぐっては、歴代法相は指揮権の発動が司法への政治介入を招くとして否定的な姿勢をとってきた。

■就任時も「制度として認められる」

 ところが、千葉法相は09年9月の鳩山内閣の発足時に、「慎重にしなければならないが、検察の行き過ぎがあれば、指揮権発動は制度として認められている」と、かなり踏み込んで発言した。

 今回の陸山会事件では、小沢幹事長が任意での事情聴取を拒み続ける中で元秘書の石川衆院議員が逮捕されるなど事態が急展開。そうした状況で、法務省記者クラブの記者が「指揮権発動」について訊く場面があったようだが、千葉法相は口を閉ざしていた。

 それが1月19日には再び「一般論としてある」と発言。半面、「検察は捜査を公平公正に行わなければならないし、そのように行われていると考えている」とも話した。

  09年3月の西松問題以降、民主党は「国策捜査」と猛烈に検察を批判してきた。党内の異常とも思える「小沢支持」もあって、政権政党VS検察の戦いはさらに鮮明になった。千葉法相が「指揮権発動」を明確に否定しないため、疑念がくすぶっているのも無理からぬところだ。


■関連記事
小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか : 2010/01/18
朝日社説「小沢氏に進退を問う」 石川議員逮捕に新聞各紙厳しい論調 : 2010/01/16
小沢幹事長ポンと4億円? これほどお金が集まるカラクリ : 2010/01/08
「司法は政治にちょっかい出すな」 「小沢捜査」批判した人 : 2010/01/15
90円でドーナツとコーヒー! ミスドで1日限定配布 : 2010/01/18

山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社代表ら2人逮捕−現金百万円返す・警視庁(時事通信)
<男性不明>古井戸の底から遺体 栃木の小学校跡地(毎日新聞)
モノ言えば唇寒し?民主党 その中で横粂議員「勇気ある発言」(J-CASTニュース)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)
「確認書」の日付偽装=07年公表の文書−会見直前に作成・小沢氏団体土地購入(時事通信)
posted by 吉祥寺太郎 at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪府と政令2市が連携会議設置へ 学力向上やいじめ対策で(産経新聞)

 大阪府と大阪市、堺市の教育長が14日、大阪府庁で会談し、人事交流や学力向上策で協力を進めるほか、共同して暴力行為やいじめなどの対策に取り組む「生徒指導連携推進会議(仮称)」を設置することなどで合意した。これまで教育施策は、政令市の両市教委は府教委とは別に実施しており、3教委が事業連携を行うのは初めて。

 会談後、大阪市教委の永井哲郎教育長は「それぞれでやるよりも一緒にやる方が効率良くできることもある」。府教委の中西正人教育長は「互いに学び合い、大阪の教育がよくなるように連携したい」と語った。

 同会議は平成22年度の設置を予定。非行防止のための警察との協議も別々に行っていたが、3教委が連携を進めるという。

【関連記事】
[学力テスト] 鳥取知事、抽出方式を批判 「確認手段なくなる」
[体力テスト] 対策遅れの大阪と素早い対応の高知で明暗
日教組の組織率、最低の27%に 28万人を切る
死ぬのをやめた体験記録 『生きテク』反響どこまで
倉吉北は対外試合禁止1年 再び部内暴力やいじめ

日米外相会談 米側は重ねて普天間問題で日米合意の履行を要求 日米同盟深化協議で合意(産経新聞)
雪上の足跡で発覚 体育館など放火未遂容疑の中学生2人逮捕(産経新聞)
エコカー減税に懸念=米国務長官−日米外相会談(時事通信)
ストーカー殺人現場から出火か 新橋、13棟焼ける (産経新聞)
反捕鯨団体、ゴムボートで妨害=衝突以来9日ぶり(時事通信)
posted by 吉祥寺太郎 at 05:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。